高圧受電設備の完成検査!

省エネ・電気工事のプロフェッショナル「株式会社サデック」
高圧受電設備の完成検査!

よろず庵1

普段私達が使っている電気は電圧100Vから200Vですが、

大きな建物では電気をたくさん使うため、一度6600V(高圧)で受電します。

 

 

よろず庵2

6600V(高圧)で受電してもそのままでは使えませんので、100Vや200V変換します。

この変換するところが『高圧受電設備』です。

 

 

よろず庵3

高圧受電設備を使用する際は、安心して使用出来るよう、

使用前にいろいろな試験や施工状況の確認をします。

 

 

よろず庵4

試験結果に問題がなければ『受電』となり、建物内に明るく電灯が燈ります。