たびたびブレーカが落ちるのですが・・・また、会社の一部の電気が消えた・・・どうしたら?

省エネ・電気工事のプロフェッショナル「株式会社サデック」
たびたびブレーカが落ちるのですが・・・また、会社の一部の電気が消えた・・・どうしたら?
・ 容量不足! 配線用ブレーカは過電流(使いすぎ)による危険を防止するために設置されています。 配線用ブレーカが落ちるのは電気の使用量がブレーカの定格を超えたためで同時に使う電気機器を減らすことで解決出来ます。しかし電気機器の使用数が少ないのに、配線ブレーカが度々落ちる場合は、電気機器の故障等の危険も考えられます。   ・ 漏電対応! まずは次の手順で作業を行なって下さい。メインブレーカのレバーが真ん中の位置で止まっていたら黄色(または白)のボタンを押してからブレーカをすべて落として下さい。 次にメインブレーカを上げ回路ブレーカを1つずつ上げていきます。途中でメインブレーカのレバーが真ん中の位置に下りたらその回路が不良です。その回路以外はブレーカを上げてお使いになれます。→ 漏電が原因ですので、早めの改修をおすすめします。