高圧受電設備はどのタイミングで改修(交換)したらいいですか?

省エネ・電気工事のプロフェッショナル「株式会社サデック」
高圧受電設備はどのタイミングで改修(交換)したらいいですか?
端的に言えることは高圧受電設備は基本的に故障・停電してからでは遅いということです。 高圧受電設備の大部分は耐用年数15~20年と言われています。 しかし、メンテンナスの不備や誤った運転操作によって耐用年数まで寿命が持たないことが多いのが現状です。万一故障すると、突然の停電による波及事故など、企業の経営や近隣の企業様に重大な影響をおよぼす事となるため、早めの計画的な設備改修が必要です。 ○ 高圧気中開閉器(10~15年) ○高圧ケーブル(15年) ※昭和51年以前に製造された高圧CVケーブルの劣化や損傷などによる事故が多く発生しています。 ○高圧交流負荷開閉器(15年) ○変圧器(20年) ※定期的なオイル交換で更に寿命がアップします。 ○高圧コンデンサー(15年) ○遮断器(20年) ○高圧カットアウト(15年)